オールオン4という画期的な方法があります。ほとんど、あるいは全く歯のない人にとっては重要な手法です。では、その費用はいったいいくらなのでしょうか?

自家歯牙移植という方法を聞いたが高い?

綺麗な歯のイラスト

「自分の歯で美味しくご飯が食べたい」、とは誰もが願うことです。
その願いを叶えてくれる治療法の一つに“自家歯牙移植”があるのをご存知ですか。
自家歯牙移植とは、事故などで歯を失った場合に、親知らずといった自分の歯を移植する、という再生医療の一つです。
では自家歯牙移植とはどういったものでしょうか。

自家歯牙移植にはいくつかのメリットがあります。
まず何より、噛み心地の良さがあげられます。
元々自分の口に生えていた歯なので、拒絶反応などの心配がなく、自然に馴染みます。
他にも、健康な歯を削らずに治療できるという利点もあります。
そして、画期的な治療方なだけに治療費が高額ではないのかが最も気になるところです。
保険診療の対象となれば、5千円から1万5千円程度の費用で治療を受けることができます。
保険が適用されるには、移植する歯は親知らずか埋没歯である必要がある、といった条件があります。
しかし条件を満たし保険診療となれば、それほど高くない自己負担で移植できます。
それでは、自家歯牙移植を行うには何が必要なのでしょうか。
まず第一に、移植に適した自分のドナー歯がないといけません。
親知らずや過剰に生えた過剰歯、歯の生えている位置が悪い転移歯などが、ドナー歯として使われます。
自家歯牙移植では、ティースバンクへ預け保管されていた歯も使えます。
ティースバンクとはその名の通り、歯の銀行です。
生え変わりの過程で抜けた乳歯や、矯正治療などで抜いた親知らずなどの歯を冷凍保存しておくことができます。
不要になった歯を保存しておくことで、将来歯を失った際の治療に備えることができます。
自家歯牙移植のドナー歯として使うためには、歯の大きさも重要です。
ドナー歯として使いたい歯と、移植が必要な場所の大きさが同じくらいでないいけません。
例えば、前歯を抜歯しそこへ移植したくても、ドナー歯が親知らずでは大き過ぎて移植ができません。
大きさ以外にも、ドナー歯が健康な状態であることも必要です。
将来の治療に不要な歯が役立つこともあるので、歯磨きといった日頃からの丁寧なケアが大事です。
他に自家歯牙移植に必要な条件として、年齢があげられます。
年齢が若いうちのほうが移植後に根付く可能性が高く、処置の成功率が高い傾向にあります。

歯の治療方には多くの選択肢があります。
信頼できる歯科医に相談し、自分に最も適した治療法を選ぶことが大切です。
一度抜けてもまた生えてくる乳歯と違い、永久歯を失った場合に自家歯牙移植という選択肢がもつ意味は非常に大きいものです。
まだ一般的に普及していない自家歯牙移植ですが、今後さらに注目されていく治療法の一つでしょう。